アメリカのパニック映画

アメリカのパニック映画

デッドコースター

『デッドコースター』

ここではアメリカのパニック映画『デッドコースター』についてまとめました☆変えることのできない死の運命に襲われていく若者たちを描いたショッキング・ホラー「ファイナル・デスティネーション」の続編。監督は「マトリックス リローデッド」で、アクション監督として壮絶なカーチェイスシーンを手掛けたデヴィッド・リチャード・エリス。前作から一年後を描いた作品で、予知夢によって、ハイウェイの玉突き事故による死を免れた9人の男女に、再び死神の魔手が忍び寄るります。『デッドコースター』での発端は高速道路で、前作から引き継がれた迫る死の恐怖をよりリアルに描くだけでなく、前作の“死を免れた人間”によって、他にも“死を免れた人間”が存在したという新たな視点が加わっています。この視点は見方を変えれば、永遠に死の連鎖が続いていくとも考えられます。

『デッドコースター』ストーリー

180便の事故から一年後。旅行に出かけたキンバリーは、自分の車がハイウェイに入る寸前で大事故に巻き込まれる夢を見る。これは予知夢では、と確信した彼女は、ハイウェイの入り口を車で封鎖。そして夢の中では事故の犠牲となった7人の目の前で、その通り大事故が起こる。間一髪で危機を免れたものの、嫌な予感は収まらない。果たして事故の生存者の内のひとりが、不可解な“突然死”を遂げる。このままでは、遅かれ早かれ夢の通りにみんな死んでしまう。キンバリーは他の生存者たちと協力して生き残る方法を探すが、彼らは次々と壮絶な死に見舞われてゆくのだった・・・。

怖い映画特集

『デッドコースター』登場人物

キンバリー・コールマン
主人公。前作の主人公・アレックス同様、何の前触れもなく死の白昼夢を体験し、ハイウェイの大事故を予知する。前作で死亡したトッドのニュースを見るために足を止めた事で、車を盗もうとした暴漢に撃ち殺されずに済んでいた。
クレア・リバース
前作の唯一の生存者。死神に怯え、最後まで生き残っていたアレックスが死んでからは精神医療センターに自主入院していた。キンバリーに「臆病者」と言われた事で、生存者達と共に死に立ち向かう覚悟をする。ユージンの病室で発生した爆発に巻き込まれて死亡。
トーマス・バーク
保安官。今作でキンバリー以外に最後まで生き残る唯一の人間。前作でビリーが死亡した現場に駆けつけていたため、同時刻に起きた事件で殉職せずに済んだ。ハイウェイ事故では最初の犠牲者であり、運転中に少しよそ見をしてしまったが為に、突っ込んできた丸太に上半身を粉砕され死亡する。
ウィリアム・ブラッドワース
前作から引き続き登場する謎の男。死の筋書きに最も精通している人間という役柄は変わらないが、それについての説明は今作でもなされない。キンバリーに「新しい命だけが死の筋書きを書き換える事ができる」と教える。
ユージン・ディックス
6番目の犠牲者。前作で死亡したヴァレリーの後任教師になるために転任した事で、錯乱した生徒に刺し殺されずに済んだ。密室と化した病室で発生した爆発で死亡。ハイウェイ事故では転倒後、丸太と自分のバイクの間に挟まれて死亡する。
ローリー・ペータース
5番目の犠牲者。コカイン中毒者。前作のラストで起きた事故現場にいた為、その後向かうはずだった劇場の崩壊事故に巻き込まれずに済んだ。死亡したキャットの手から落ちた煙草が風で運ばれ、引火した車の爆発で起きた爆風に飛ばされた垣根の有刺鉄線で胴体を切断され死亡。ハイウェイ事故では横転後にトレーラーに突っ込まれ爆死する。
キャット・ジェニングス
4番目の犠牲者。キャリアウーマン。前作で死亡したテリーを轢いたバスに乗っていた事で、チェックインが遅れ、泊まるはずだったホテルで発生したガス漏れ事故で窒息死せずに済んだ。乗っていた車の助手席のエアバッグが作動した事で、座席のヘッドレストを貫通していたパイプが後頭部に突き刺さり死亡。ハイウェイでは丸太に車ごと突っ込み、派手に横転する。
ノラ・カーペンター
3番目の犠牲者。ティムの母親。エレベーターに同乗した男性が運んでいたマネキンの腕の掛け金が髪に絡まり、エレベーターのドアに首を挟まれ、そのまま上昇したエレベーターによって首を切断され死亡。ハイウェイ事故では車が丸太に突っ込んで爆死する。
ティム・カーペンター(本名はティモシー・カーペンター)
2番目の犠牲者。ノラの息子。追い散らした鳩がクレーン作業者の視界を奪い、落下したクレーンが吊り下げていた大ガラス板に押し潰され圧死。ハイウェイの事故では自分の持っていたペットボトルがブレーキに挟まり、ノラと共に丸太に車ごと突っ込んで爆死する。
エバン・ルイス
最初の犠牲者。自宅で起きた火災から逃げる際に道路へ着地するも、窓から投げ捨てたスパゲッティに足を滑らせて転倒し、その後落ちてきた非常梯子の先端が頭部を貫通し死亡。ハイウェイの事故では一度は回避するものの、ジャックナイフのように戻ってきたトレーラーに突っ込まれて爆死する。
イザベラ・ハドソン
妊婦。ハイウェイの玉突き事故に巻き込まれるが、最初から死ぬ運命ではなかった人物。二重の意味でのミスリードキャラクター。
ブライアン
最後の犠牲者ではあるがハイウェイの事故とは無関係で、映画の最後のオチで扱われたキャラクター。父親は警察官。キャットの車の事故現場で、危うく車に轢かれそうになったところをローリーに助けられる。事件解決後、キンバリーとトーマスを招き家族でバーベキューパーティーを楽しんでいたが、調理器具のガス爆発に巻き込まれ爆死する。

映画見ましょう

おすすめ!

弊社が実施したリフォーム済み 築古物件、おかげさまで即日完売する勢いで成約が決まっております。 驚きのお値段で、驚きの内装、とくと御覧ください!
賃貸用一戸建てから、中古一戸建てなど、豊富な不動産なら鉾田市 不動産です!鉾田市の街で生まれて、地域の皆さまに親しまれている私どもです 。どうぞお気軽にお電話ください! 。どうぞ安心して私ども鉾田市 不動産にお任せください 。単身者マンションから、ファミリー向けの賃貸・分譲マンション 。お客様のご希望・ご要望に沿ったご提案とご案内をさせていただきます!もちろん鉾田市以外の地域にも豊富なネットワークで対応しております 。